特攻野郎Bチーム(鉄道模型 Bトレイン)
Tokkou-yarou B-Team
トップページ 新着情報 イベント情報 ギャラリー ペーパークラフト 動画集 ワンポイト講座 活動記録 リンク集
Home What's New Entertainment Exhibition Papercrafts Movies How-to Report Links

 

 「ワンジオ」展覧会場です。  Exhibition of "One-Dio"

 「まりりん」の作品会場  Made by Marilyn
ジオラマ全景 春の花とSL

タイトル
春の汽車旅行
The Spring SL train

サイズ
169mm x 85mm

コメント
春のSL列車での、旅の光景を再現。
→「春の汽車旅行」の詳細記へ

ここに注目!
SLのケムリと、ホームで写真を撮ってる人々の情景ですね♪。

ジオラマ全景 春の花と池上線

タイトル
これぞ「TOKYU」
花のある風景
Tokyu Line
Ishikawadai Station

サイズ
223mm x 114mm

コメント
昭和の末期頃の、東急池上線「石川台」駅付近をイメージ。
→「花のある風景」の詳細記へ

ここに注目!
斜め上から電車を見下ろすか、横から覗いてね。

桜と西武線 花見客たち

タイトル
飲みすぎ注意!
桜のある風景
Cherry blossom viewing

サイズ
84mm x 84mm

コメント
桜満開の西武線沿線というイメージ。
→「桜のある風景」の詳細記へ

ここに注目!
ブルーシートには徹夜で場所取りしてたおにいさんが…
風邪ひくなよっ!

ジオラマ全景 単線ローカル駅

タイトル
これぞ武蔵野。
ありふれた風景
A common scene of west Tokyo

サイズ
84mm x 84mm

コメント
東京西郊の単線ローカル駅というイメージ。
→「ありふれた風景」の詳細記へ

ここに注目!
これを見て「青梅街道駅」をイメージしたアナタは素人じゃない…。

竹やぶから見た風景 実物の風景

タイトル
みやびな武蔵野。
たけのこ公園
Takenoko (Bamboo shoots) park

サイズ
84mm x 84mm

コメント
西武新宿線花小金井~小平間にある「たけのこ公園」を再現。
→「たけのこ公園」の詳細記へ

ここに注目!
右の実写の雰囲気が出てるでしょ?!

ジオラマ全景 線路を望む

タイトル
みやびな武蔵野。
たけのこ公園 (↑のつづき)

サイズ
84mm x 84mm

コメント
この公園は青梅街道の踏切(S字カーブ線路)の新宿寄りにあります。多摩湖自転車道沿いです。
電車は撮っても、たけのこ採ってはイケマセン。

ここに注目!
竹やぶの中から電車を見るべしっ!

ジオラマ全景 このアングルで決まり★

タイトル
玉川上水と西武線
Seibu Kokubunji line Takanodai Station

サイズ
223mm x 114mm

コメント
西武鉄道のカレンダーで見て以来、気になっていた場所(鷹の台駅)です。水面から見上げてね♪
→「玉川上水と西武線」の詳細記へ

ここに注目!
橋の手前左側にある小さな木ですね★

ジオラマ全景 ココは人々が主役♪

タイトル
武蔵野の日常。
線路端会議
Musashino NOW!!

サイズ
84mm x 84mm

コメント
線路端で電車を見ていたファミリーに、近所の奥様が出会ったシーンを再現。
→「線路端会議」の詳細記へ

ここに注目!
柵によじ登ってるお子様と、奥様どうしの会話の様子でしょう。うんうん♪

ジオラマ全景 首都近郊の畑

タイトル
東京の農地だよ。
西武多摩●線
Sibu Tamagawa(Tamako) Line

サイズ
169mm x 85mm

コメント
「多摩湖線」と「多摩川線」、どちらにもある素朴なシーンを再現。
→「西武多摩●線」の詳細記へ

ここに注目!
首都近郊の畑は、住宅とピッタリ隣り合わせなのだ♪

トンネル入り口 実物の風景

タイトル
武蔵野秘密基地。
トンネルのある風景
A tunnel scene

サイズ
84mm x 84mm

コメント
JR武蔵野線「新小平駅」のトンネル入口のイメージ。
→「トンネルのある風景」の詳細記へ

ここに注目!
コンクリート壁の色って一色じゃないんですね。
本物(右)をよく見てみましょう。

ジオラマ全景 実物の風景とコラボ

タイトル
武蔵野の奥座敷。
The 青梅線
The Ome Line

サイズ
80mm x 80mm x 148mm(高さ)

コメント
JR青梅線の山間部をイメージ。沢井駅や鳩ノ巣駅付近とか…
→「The 青梅線」の詳細記へ

ここに注目!
とにかく「高さ」で勝負!実景(右)と合わせると超リアル!(でもこれ吾野の景色だよ:笑)

ジオラマ全景 線路の向こうにも道があるよん♪

タイトル
ふみきり
The Crossing

サイズ
169mm x 85mm

コメント
どこにでもある普通の踏切をイメージ。
→「ふみきり」の詳細記へ

ここに注目!
鏡を使って奥行きを倍に表現しています…

ジオラマ全景 あじさいと井の頭線

タイトル
沿線名物。
あじさいのある風景
The hydrangea

サイズ
84mm x 84mm

コメント
6月頃の京王井の頭線「下北沢」駅付近のイメージ。
→「あじさいのある風景」の詳細記へ

ここに注目!
アジサイの花は、ピンクと紫の砂をボンドでこねこね。

ジオラマ全景 港(岸壁)の風景

タイトル
港のある風景
Shibaura harbor railroad

サイズ
142mm x 72mm

コメント
今は無き、東京港・芝浦埠頭の「臨港線」のイメージ。
「港の貨車」といえば石油タンク車や冷蔵車。この冷蔵車には何が入っているのかな…?お魚?アイス?!
→「港のある風景」の詳細記へ

ここに注目!
岸壁側から斜めに見てください。

ジオラマ上空からの風景 夏の午後の臨港線

タイトル
諸行無常。
列車の来ない風景
Yokohama Honmoku area

サイズ
223mm x 114mm

コメント
神奈川臨海鉄道(本牧)に接続している「国際埠頭専用線」をイメージ。(2005年7月に廃線)
→「列車の来ない風景」の詳細記へ

ここに注目!
撮影の仕方で結構リアルに写るものですね…

線路とトレーラー 実物の風景

タイトル
諸行無常。
列車の来ない風景 (↑のつづき)

サイズ
223mm x 114mm

コメント
塩を積んだトラ(無蓋車)が今にもやって来そうですが…。

ここに注目!
本物(右)と比べてね。かなりの自信作です♪

ジオラマ全景 虎が奈良へ行く時代に…

タイトル
虎と鹿
Tigers and Deers
(The Hanshin train in Nara)

サイズ
169mm x 85mm

コメント
阪神電車が奈良へ行く時代に。
突然トラがやって来て、鹿さんもビックリ?★
→「虎と鹿」の詳細記へ

ここに注目!
塀と背景はすべて紙です。鹿が筋肉質過ぎてなんか違和感…(汗)

新しい甲子園やで♪ 虎はこの景色がイチバン似合う★

タイトル
虎と鹿
(↑のつづき)

サイズ
169mm x 85mm

コメント
「虎」と言えば「甲子園」やっ★
阪神高速道ぉ?そんなものあらへんっ★

ここに注目!
新装なった甲子園球場は画用紙を切り貼りして作成。窓枠がタイヘンだった…

ジオラマ全景 実物の風景とコラボ

タイトル
いい日旅立ち。
餘部鉄橋
JNR San-in Line Amarube bridge

サイズ
80mm x 80mm x 148mm(高さ)

コメント
国鉄山陰本線の「餘部(あまるべ)鉄橋」をイメージ。実物は引退してしまいました…
→「餘部鉄橋」の詳細記へ

ここに注目!
とにかく「高さ」で勝負!実景(右)と合わせると超リアル!(でも細過ぎぢゃね?)

ジオラマ全景 鉄橋と背景

タイトル
きょうも、ロマンスカーで。
Odakyu Romance Car

サイズ
223mm x 114mm

コメント
某私鉄CMの1シーンを再現。でも時代は少し古いかも。
「渋沢~新松田」駅間の「四十八瀬川」をイメージ。
→「きょうも、ロマンスカーで。」の詳細記へ

ここに注目!
鉄橋の手すりを黄色くすると小田急テイストたっぷり!
色は大事ですね。

ジオラマ全景 紅い車両たち

タイトル
緑の中を走り抜けてく真っ赤な…
The red cars

サイズ
333mm x 125mm(最大部)

コメント
「紅い車」は速いのです。
京浜急行線金沢八景付近のイメージ。
→「緑の中を走り抜けてく真っ赤な…」の詳細記へ

ここに注目!
国道の標識、ちゃぁ~んと「16」号になってますよ…。

ジオラマ全景 高原列車

タイトル
アルプスのある風景
The express "Alps"

サイズ
142mm x 72mm

コメント
昭和中期の中央本線富士見駅付近のイメージ。油の匂いもなつかしいディーゼル急行「アルプス」が新宿へ向けて快走中!
…小海線の風景にも見えるなぁ。
→「アルプスのある風景」の詳細記へ

ここに注目!
背景は実景です。景色に奥行きが出てイイですよ!

ジオラマ全景 スノーシェッドの魅力全開★

タイトル
大糸線の守り神
JR Oito Line "Snow-shed "

サイズ
223mm x 114mm

コメント
JR大糸線「南小谷(みなみおたり)」以北のイメージ。姫川沿いの険しい渓谷を進む気動車にLOVE♪
→「大糸線の守り神」の詳細記へ

ここに注目!
スノーシェッド(雪崩・落石覆い)の鉄骨は、GM製トラス鉄橋のテッペン部分をそのまま使用。

河原の石は海でGET これぞ大糸線★

タイトル
大糸線の守り神
(↑のつづき)

サイズ
223mm x 114mm

コメント
「南小谷~糸魚川駅間のワイルドさは、たまらんねぇ~♪」(藤岡弘、談。←ウソ)

ここに注目!
河原の石は海岸で拾ってきました~。

ジオラマ全景 貨物列車との交換待ち

タイトル
夜もオススメ!
絶景ステーション
JR Shinonoi Line Obasute Stn.

サイズ
223mm x 114mm

コメント
JR篠ノ井線「姨捨(おばすて)」駅をイメージ。長野盆地とスイッチバック駅で有名ですね♪
→「絶景ステーション」の詳細記へ

ここに注目!
背景は実景です。現地に撮りに行くまでが大変だった…。

秋のみちのく寝台特急 道路から見上げた風景

タイトル
秋だねぇ…
みちのく一人旅
The "Michinoku"

サイズ
223mm x 114mm

コメント
秋深まるみちのく奥羽本線のイメージ。
夜通し走ってきた寝台特急列車、そろそろ終着駅です。
→「みちのく一人旅」の詳細記へ

ここに注目!
道路に立っている気分で見上げてください。

ジオラマ全景 あさまと雪山

タイトル
信越国境。
雪のある風景
Snow country

サイズ
84mm x 84mm

コメント
JR信越本線「黒姫駅」付近のイメージ。実は間違ってGETしたクハ489の有効利用。(笑)
→「雪のある風景」の詳細記へ

ここに注目!
背景は実景です。雪は情景スプレーの白色を使用。

ジオラマ全景 夜景で勝負!

タイトル
あぁ、みちのく。
Oh! Michinoku!

サイズ
169mm x 85mm

コメント
しばれる冬の東北をイメージ。夜行列車の明かりが雪に反射しています…
→「あぁ、みちのく。」の詳細記へ

ここに注目!
ケース左側の壁に鏡を貼ってあるので、車両がたくさんあるように見えます★

「ワンジオ」展覧会場案内に戻る  Return to Information Bureau