特攻野郎Bチーム(鉄道模型 Bトレイン)
Tokkou-yarou B-Team
トップページ 新着情報 イベント情報 ギャラリー ペーパークラフト 動画集 ワンポイト講座 活動記録 リンク集
Home What's New Entertainment Exhibition Papercrafts Movies How-to Report Links

 

 改造車両展覧会場です。  Exhibition of Remodeled cars

 「まりりん」の作品会場(第2展示室)  Made by Marilyn
やっぱ「でーべー」っしゅよっ♪ 車両全体像

タイトル
いーつぇーえー
DBAG ICE-TD

形式
左:DBAG ICE-TD VT605
右:DBAG ICE-TD VT605

コメント
ドイツの「ICE(イーツェーエー)」はカッチョエェ★ 

ここに注目!
JR九州885系の塗り替えでーす。
入手した車両にパンタグラフが無かったので、ディーゼルカー編成に…

華麗なる欧州鉄道旅行 車両全体像

タイトル
いんたーしてぃ
DBAG InterCity

形式
左:DBAG Avmz111
右:DBAG Avmz111

コメント
昔のこの色(TEE色)の車両のほうが「欧州鉄道旅行」を満喫出来た…。
ドイツでこの色は1等車のみ。

ここに注目!
日本の20系寝台車の塗り替えでーす。(赤2号とクリーム1号)

たまごが2つ♪ 車体側面の標記

タイトル
いんたーしてぃ
(↑のつづき)

形式
左:DB 103
右:DB Avmz111

コメント
実物はこんなカンジ。
左の奥に↑の客車が写っているッス…

ここに注目!
左右の「DB(デーベー)」マークは国鉄時代の重厚なモノです。

♪前進、前進、前進進っ★ 車両全体像

タイトル
とんふぇぉん・すーでぃー
China Railway type"DF4D"

形式
左:中国鉄路 東風4D
右:中国鉄路 東風4D

コメント
♪前進、前進、前進進っ★

ここに注目!
タネ車は北海道を走っているDF200(KATO製)でーす。
おデコにEF58のライトを移植。

悠久の大陸へ 車両全体像

タイトル
りゅーぴーちゅぉー
China Railway series"22"

形式
左:中国鉄路 22型
右:中国鉄路 22型

コメント
緑皮車(リューピーチュォー)と呼ばれる旧型客車22型シリーズ。
たくさん乗ったので懐かしい♪

ここに注目!
日本のスハ43型と荷物車を塗り替えたッス~。

車両全体像 車両全体像

タイトル
ちょんくぉー てぃぇるー
China Railway

形式
左:中国鉄路 東風4D
右:中国鉄路 22型

コメント
実物はこんなカンジで~す。
…どぉ、似ている?

ここに注目!
オレンジ色は南の広州地区所属車両の色だよん。

外見はそのままだけど… まぶしい輝き!

タイトル
Bトレだって輝きたいっ!
Brilliant B-Trains

形式
左:クモハ100・オハニ36
右:クモハ100・オハニ36

コメント
夜景も楽しみたいので光らせてみましたぁ~♪
→「室内灯」の詳細記へ

ここに注目!
クモハ100は白色LED、オハニ36は電球色LEDを使用。

河口湖駅にて 富士急風車両全体像

タイトル
青かったので、つい…
Fujikyu railway

形式
左:河口湖駅で待機中
右:富士急風フリーランス

コメント
京急600形青色をもらったので、富士急風に白色を塗ってみました。
おぉ、カッコイイ!
→「富士急600形」の詳細記へ

ここに注目!
字幕は「急行 大月」です。

武州日野駅にて 秩父鉄道風車両全体像

タイトル
黄色かったので、つい…
Chicibu railway

形式
左:武州日野駅で交換中
右:秩父鉄道風フリーランス

コメント
黄色い103系がいたので、秩父鉄道風に茶帯を貼ってみました。
意外とカッコイイ♪
→「秩父鉄道103系」の詳細記へ

ここに注目!
シール類はGM製品(国鉄101系用)です。「クモハ103」、イイでしょ★

路面の駅にて 地方私鉄風車両全体像

タイトル
青かったので、つい…2
A Local train

形式
左:路面の駅に似合うヤツ♪
右:地方私鉄風フリーランス

コメント
国鉄クモハ43(下段の大糸線と同じ車両)の青色部分を緑色にして、ローカル私鉄風にしてみました★ …おぉ、しっくり!
→「地方私鉄風車両」の詳細記へ

ここに注目!
屋根の通風器はガーラント形に交換。配管等も塗り分けています。

京王井の頭線 車両全体像

タイトル
判る人だけ判ればイイ★
Keio Inokashira line series"1000"

形式
左:京王1000系と3000系
右:京王クハ1700形

コメント
京王井の頭線の新車、どうやらカラーリングを本線と統一したようです。
…な~んてね★(笑)
→「京王1000系」の日記へ

ここに注目!
帯はGMのステッカーです。

渋沢~新松田間にて 小田急車両全体像

タイトル
必然の産物
Odakyu railway type"5200"

形式
左:小田急5200形とLSE
右:小田急5200形

コメント
西武線の各形式を作っていくと、自動的に小田急5200形が量産される。(笑)
→「小田急5200形」の詳細記へ

ここに注目!
5200形(手前)は、5000形の窓ガラスを使用せず、透明プラ板を貼っただけ。奥が原形の5000形。

城東地区を走る東西線 車両全体像

タイトル
いかにも地下鉄
Tokyo Metro series "5000"

形式
左:営団5000系と国鉄103系
右:営団東西線5000系アルミ車

コメント
一昔前の「地下鉄」といえば、やっぱこの車両ッス。1980年代後半の姿を再現。
→「営団5000系」の詳細記へ

ここに注目!
ベースはJR201系。前面はGM製。戸袋窓は黒く塗って広げてあるように見せています。

車両全体像 お顔のアップ

タイトル
わったー自慢の「ゆいレール」
Okinawa Monorail "Yuirail"

形式
左:沖縄都市モノレール1000形
右:沖縄都市モノレール1000形

コメント
めんそ~れ♪
なんか写真見てたら作れそうな気がしたので…。ブヒッ★
→「ゆいレール」の詳細記へ

ここに注目!
東京メトロの副都心線を単純に塗り替えただけ。屋根はクーラー削って紙貼った。
あとはボール紙の薄型クーラーと足回りを貼っただけ~ん♪

上越線風旧型客車列車 車両全体像

タイトル
想い出の機関車1
JNR old locos #1

形式
左:EF15+旧型客車
右:EF15

コメント
旧型電機はカッコイイ…
→「EF15」の詳細記へ

ここに注目!
マイクロエースの赤い3軸機関車を塗り替えて、2個パンタ化しました。

富士山とゴハチ 車両全体像

タイトル
想い出の機関車2
JNR old locos #2

形式
左:富士山とEF58
右:EF58

コメント
旧型電機はカッコイイ…
→「EF58」の詳細記へ

ここに注目!
非動力車として組み立て。何とか似合いそうなDT13台車を履かせてみました。
スノープロウはKATO製パーツを使用。ニギリ棒は車体に接着。

木曽路を行くEF64貨物列車 車両全体像

タイトル
峠の機関車1
The locos of pass #1

形式
左:EF64-0 重連
右:EF64-0

コメント
信濃路にロクヨンの姿アリ。
→「EF64-0」の詳細記へ

ここに注目!
青い原色車は、EF65-1000を塗り替えただけ。
JR貨物色車はEF65-1000そのままです。結構バレないでしょ?

石灰石貨物列車 車両全体像

タイトル
峠の機関車2
The locos of pass #2

形式
左:EF64-1000&貨物
右:EF64-1000

コメント
上越国境にロクヨンの姿アリ。
武蔵野線にもアリかもしんない。
→「EF64-1000」の詳細記へ

ここに注目!
KATO製Nゲージのボディを酔った勢いで縮めました♪

みちのくの駅にて 車両全体像

タイトル
赤べこ・銀べこ
The "Michinoku" locos

形式
左:ED75+14系特急「つばさ」
右:ED75

コメント
「みちのく」を感じさせる車両達。
→「ED75」の詳細記へ

ここに注目!
ED75はEF81ボディ+EF65の顔。屋根の銀色部分を残せばED79に。ヒサシ付きならED78やEF71にも。
奥の銀色ED75はフリーランス。

臨港貨物線 車両全体像

タイトル
でーでー
The diesel locos

形式
左:臨港貨物線を走るDD51
右:DD51

コメント
「ローカル線」や「貨物線」を感じさせるナイスガイ。昔は八高線や総武線にもいたのに…
→「DD51」の詳細記へ

ここに注目!
マイクロエースの3軸DLの塗り替え。紙で窓の形を整えました。

ローカル急行列車 オハニ36車両全体像

タイトル
旧型客車 その1
The old cars #1

形式
左:ローカル急行列車
右:オハニ36

コメント
スハニ35からの改造。
客室窓を大型の2枚に変えただけです。
→「オハニ36」の詳細記へ

ここに注目!
オハニの窓ガラスはスハ43から流用しました。

ローカル普通列車 マニ60車両全体像

タイトル
旧型客車 その2
The old cars #2

形式
左:ローカル普通列車
右:マニ60

コメント
スハニ35からの改造。
2両分を半分に切断して切り継ぎ。ゼイタクな一品です。
→「マニ60」の詳細記へ

ここに注目!
継ぎ目を目立たなくするために、窓の部分でしています。

Bチームロゴ スロ51車両全体像

タイトル
旧型客車 その3
The old cars #3

形式
左:
右:スロ51

コメント
余剰のスハ44青大将色を茶色化。
側窓を1ヶ所シールで塞ぎました。

ここに注目!
緑帯は青大将色をそのままマスキング。

マシ35車両全体像 スロ54車両全体像

タイトル
旧型客車 その4
The old cars #4

形式
左:マシ35
右:スロ54 冷房車

コメント
マシ・スロともに青大将色を青色化。
スロの屋根はオロ11からの流用です。

ここに注目!
急行「十和田」にでも組み込んであげましょう。

オロハネ10車両全体像 ナハ11車両全体像

タイトル
10系客車
The old cars - series"10"

形式
左:オロハネ10
右:ナハ11

コメント
GM製キットの切り継ぎです。
準急「穂高」か急行「上高地」がお似合い♪
→「10系客車」の詳細記へ

ここに注目!
オロハネはロネ側だけ冷房化の頃を再現。

みちのく臨時特急列車 車両全体像

タイトル
14系客車
JR cars - series"14"

形式
左:みちのくの臨時特急列車
右:スハフ14とオハ14

コメント
TOMIX製品の切り継ぎです。
特急「つばさ」や「踊り子」、はたまた急行「妙高」なんかも…♪
→「14系座席車」の詳細記へ

ここに注目!
スハフの車掌室寄りのクーラー1個だけは移設が必要です。

大糸線のキハ52っぽい 車両全体像

タイトル
いにしえのスタンダード
The old diesel car

形式
左:キハ52に見える
右:キハ20かもしれない

コメント
昔は全国に当たり前にいたのに、未だBトレ化されていないので、KATO製キハ20を切り継いでみました。
→「キハ20(52)」の詳細記へ

ここに注目!
連結相手によってキハ20にもキハ52にも化ける、この柔軟さ。(笑)

米タン石油列車 車両全体像

タイトル
タンク車まつり その1
Freight tank cars #1

形式
左:米軍タンク列車
右:タキ3000タイプ

コメント
Bトレにはタンク車がない!
ならば作ってしまえっ!!
→「タキ3000米タン」の詳細記へ

ここに注目!
TOMIX製タム6000(現:タム500タイプ)にBトレ付属の床板を無加工で接着。米タン仕様風に仕上げみました。

臨海線の薬品タンク列車 車両全体像

タイトル
タンク車まつり その2
Freight tank cars #2

形式
左:臨海線の薬品タンク列車
右:タキ3000タイプ

コメント
黄色いタンク車が出た!
なので作ってしまった!!(笑)
→「タキ3000(黄)」の詳細記へ

ここに注目!
上記の黒タキ同様、TOMIX製タム500タイプにBトレ付属の床板を無加工で接着。やっぱ黄色い「毒」はイイねぇ~★(笑)

武蔵野線石油列車 車両全体像

タイトル
タンク車まつり その3
Freight tank cars #3

形式
左:石油列車(武蔵野線風)
右:タキ43000タイプ

コメント
大型のタンク車も欲しくなり、製作。
→「タキ43000」の詳細記へ

ここに注目!
KATO製タキ1900を改造。台枠の中央部分と屋根の手スリ・ステップ・ハッチなどを切除。
しっくり出来過ぎているので、改造品だと気付かれない…。

ヤード脇を走る荷物列車 車両全体像

タイトル
荷物列車の名優
Freight car type "Wasafu-8000"

形式
左:ヤード脇を走る荷物列車
右:ワサフ8000

コメント
汐留駅や隅田川駅に向かう荷物列車には欠かせない名脇役。
牽引機はやっぱ、ゴ・ハ・チ♪
→「ワサフ8000」の詳細記へ

ここに注目!
ワキのボディーにコキフの車掌室を組み合わせた、比較的カンタンな改造です。

大糸線 車両全体像

タイトル
むかしの大糸線
The old Oito line type"43"

形式
左:クモハ43+クハ55
右:クモハ43+クハ55

コメント
いにしえの大糸線旧型国電を再現。
…乗ったことないけどね。
→「43系大糸線」の詳細記へ

ここに注目!
クモユニは天賞堂製品そのまま、クモハ+クハは43系スカ色を塗装変更しただけ。

中央線の駅にて モハ72-850番台・モハ71車両全体像

タイトル
山スカ・山ゲタ
JNR Chuo line type"70/72"

形式
左:70系
右:モハ72-850・モハ71

コメント
中央東線にいた、元祖スカ色列車を再現。
→「山スカ・山ゲタ」の詳細記へ

ここに注目!
モハ72850番台は、モハ72にモハ71低屋根を移設。奥はモハ71。

鶴見線の車両たち モハ72970車両全体像

タイトル
鶴見線のカッコイイ旧国
JNR Tsurumi line type"72-970"

形式
左:モハ72970と鶴見線
右:モハ72970

コメント
鶴見線にいた、72形のカッコイイ変わり者を再現。
→「モハ72970」の詳細記へ

ここに注目!
モハ72970はモハ103冷房車を塗り換え、屋根は非冷房車から転用。

サハ103-3000車両全体像 クハ100車両全体像

タイトル
屋根もいろいろ
JR old cars

形式
左:サハ103-3000番台
右:101系

コメント
屋根は電装準備仕様になっています。101系はパンタ穴にグロベンを貼っただけのお手軽改造。
→「101系」の詳細記へ

ここに注目!
サハ103の台車はDT21Tです。
101系の冷房車は南武線の雰囲気タップリ!

春の中央線 低屋根全体像

タイトル
中央線101系 その1
Chuo line series"101" #1

形式
左:春の中央線快速101系
右:クモハ100・モハ100

コメント
やはりオレンジの101系といえば、低屋根の800番台!(でも製品出ちゃったね)
→「101系」の詳細記へ

ここに注目!
屋根は115系用を流用。ベンチレーターを削り、上から紙を接着。屋根の幅が微妙に違うので意外と苦労…。

Bチームロゴ 電装準備車両全体像

タイトル
中央線101系 その2
Chuo line series"101" #2

形式
左:
右:クハ100・サハ100

コメント
クハ・サハ100は電装準備仕様にしました。
顔はすべてKATO製品を移植しています。
→「101系」の詳細記へ

ここに注目!
電装準備車は、上記の黄色い101系と同じ加工方法です。

中央線を快走中 車両全体像

タイトル
一粒で二度おいしい
JR series"103-1200"

形式
左:二昔前の中央線の面々
右:103系1200番台

コメント
1つの列車で2種類楽しめるように、左右で色を変えてあります。
エンドレス線路を走らせると、手前と奥とで色が変わって飽きないですよ♪
→「103系1200番台」の詳細記へ

ここに注目!
黄色側は国鉄、青色側はJRと、時代をも超越しています…。

歴代の山手線車両たち 車両全体像

タイトル
100年経ったぞ、山手線
JR Yamanote Line 100th Aniv.

形式
左:歴代の山手線車両たち
右:クハE231-500

コメント
「山手線命名100周年」記念車両を再現。
…なんか阪急電車っぽくね?(笑)
→「E231系茶色」の詳細記へ

ここに注目!
車体をぶどう色2号で塗装。ドアと窓枠に銀色を筆塗り。(製品出ちゃったねぇ…orz)

トイレ付き車両全体像 冷房準備車両全体像

タイトル
115系あれこれ
JNR series"115"

形式
左:クハ115-0・サハ115-300
右:クハ115・モハ114(1000番台)

コメント
トイレの窓を再現してみました。
右の1000番台の屋根は冷房準備仕様にしてあります。
→「115系」の詳細記へ

ここに注目!
トイレ窓は実車同様に変えてます。

湘南色冷房準備車 信州色冷房準備車

タイトル
115系あれこれ
(↑のつづき)

形式
左:湘南色冷房準備車
右:信州色冷房準備車

コメント
大糸線っぽいイメージにしてみました。どぉ?

ここに注目!
ジオラマは「集合式単線ミニモジュール」です。

国鉄末期の飯田線 車両全体像

タイトル
さわやかな飯田線
JNR series"119"

形式
左:クモユニ147+119系
右:クハ118・クモハ119

コメント
デビュー当時の119系の色が大好きでした…
103系がベースです。
→「119系」の詳細記へ

ここに注目!
前面はGM製パーツ、屋根はBトレ201系用を改造。

国鉄時代の碓氷峠 車両全体像

タイトル
上信越の荷物電車
JNR type"Kumoni-143"

形式
左:クモニ143+115系
右:クモニ143

コメント
信州の115系の“スパイス”として制作。クモユニ143(147)がベースです。
→「クモニ143」の詳細記へ

ここに注目!
屋根の、ダブルパンタ仕様への改造がメインです。

伊豆の臨時快速列車 車両全体像

タイトル
167系修学旅行車タイプ
JNR series"167"

形式
左:167系タイプ
右:クハ167・モハ166タイプ

コメント
子供の頃、臨時列車で突然やって来たこの色にトキメキました。
私にとっては東海道&伊東線の臨時快速です。
→「167系」の詳細記へ

ここに注目!
165系を塗り替えただけです…(汗)

改造車両展覧会場案内に戻る  Return to Information Bureau